No.596 労働は神聖であるか(続2) 2013.6.16

「神の息よ吹け」1974年7月号
-「心に満つるより」改題・通巻第10号-


労働は神聖であるか(続2)  
 
 理想論からいえば、労働者に貴賤なしです。教職のみが聖職でなくて、凡ての職業が聖職であるべきです。しかし、現実、今見る一般労働者の平均水準に聖職的意欲を求めるのは不可能でしょう。それ程に、どれ程高貴な魂をもった人でも今の企業の中に職をもてばトタンに魂を売りわたさねばならぬ人間システムがあります。
 今、労働者は、共産党が「教職員をある意味で聖職者である」と差別的発言した事に腹をたてるよりは、まさしく自分達がかくいやしめられてもやむを得ない精神的状況(青少年を教育するように、心をこめて生産ができない)にある事態に、自他共に憤激すべきなのです。自他の自という訳は、いかに資本側の攻撃策略システムが巧妙であろうとも、やはりその状況におちいっているのは、自分の決意も与っているのですから。
 こういう、労働者から労働の神聖が簒奪されているうれうべき状況に気づき、労働者の魂の解放をめざさなければ(それが労働運動の最短距離である労働者の自己革命ではないでしょうか)ならないと思うのです。またそれに気づいた経営者は、企業と自己自身の財産と命をかけて、企業の自己革命を目ざすべきだと思います。
 (一九七四・八・二七)
 
 (附記)この日教組大会が立川市であって、槙枝委員長のあいさつのなかで、次のように聖職問題についてふれていた。
 「日教組が戦後、倫理綱領で“教師は労働者である”と規定したのは戦前の軍国主義・国家主義教育の中で果たしてきた“聖職教師”の戦争教育体験への深い反省によるものだ。その意味で戦後の日教組運動の歩みは戦前戦中を通じて“教職”につきまとった“聖職”という概念、意識との闘いの歴史であったともいえる」と“教師の聖職性”を改めてきっぱりと否定。さらに「しかるに日本共産党が“常識的には教師は聖職といっていい”などというのはその真意がどこにあるのか判断に苦しむ」
 (終)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-06-19 11:13 | 日岡だより
<< No.597 日々新生(一九七... No.595 労働は神聖である... >>