No.593 性格の個人差を超えよ(続) 2013.5.26

「神の息よ吹け」1974年7月号
-「心に満つるより」改題・通巻第10号-


性格の個人差を超えよ(続) 
 
 人にくらべて、泣きべその人、陰気な人。それは性格である。善も悪もない。しかしこういう性格は、人には不愉快だし、自分も実はやりきれない。そのへんの処を、少し詮索しよう。自分でやりきれない程の自分の「陰気さ・かた苦しさ・弱さ・だるさ」を、自分でも持て余して人におすそ分けさえしている。そんなものを、おすそ分けしてもらって、嬉しい人は一人もいない。それは、自分で耐えて内に持っておくべきものである。
 ところが只単に内にかかえこんでいたのでは、鬱々としてたのしまず、ついにノイローゼになる。内に持つというよりは、自分の中で気楽に客観視している心境だ。それが「耐える」である。歯ぎしりしてのガマンではない。あきらめに似ている。自分をじっと見る、内観である。こんなもんだよ、と自分をつき放して許す、真宗の妙好人に多い。内にあるものを、人に述べずに神に叫ぶ。悩みや悲しみ怒りが心の底からぬけおちて永遠の底におちつく―――これは私の心境。
 生れつき、神経が太くて、頭がよくて、明朗である。そんな人が偉人聖者になっても、一向うれしくない。生れつき、出来のわるい、生まれそこないのような奴が、自分の弱さに耐えて、聖くなる、向上する。それが福音だ。
 派手な絵には、地味な下塗りがほしい。枯淡な絵には、原色風の下塗りがよい。もともと明るい人間が、明るいままでは、底が浅い。暗い人間が暗いままでは、はた迷惑。しかし、暗い人間が、おのが暗さに耐えて、人生の暗さをつきぬける明るさをまとっている時、そこにやすらかさ、受容、ここちよさがある。
 個人差がある。人をうらやんではならぬ。明暗共々、生れつき、あるいは幼い時よりの心の蓄積である。キリスト教的に言えば、そのまま十字架につけて、「さて、次のことをしよう」と手にあたる程、至れるまま、生きて行くのです。
 (一九七四・八・二九)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-05-29 14:48 | 日岡だより
<< No.594 労働は神聖である... No.592 性格の個人差を超... >>