No.588 訣別者イエス 2013.4.21

「神の息よ吹け」1974年7月号
-「心に満つるより」改題・通巻第10号-


訣別者イエス   

 先に進もうとする者にとって、昨日までの追随者・理解者も、しばしば敵にさえなる。
 さき程、イエスにほめられたばかりのペテロは、次の場面では早くも「さがれ、サタン」と叱られる始末(マタイ十六・13-24)。
 イエスにとって、あの神秘でやさしい母も、なつかしい弟妹たちも、最初の理解者であり師でさえあった洗礼者ヨハネも、さきに進み行く彼の背後におきざりにされていくかに見える。
 弟子たちも、あの華々しい初期のガリラヤ伝道に眩惑されて、そのままずるずると引きずり込まれたものの、さすがにゲッセマネの園やピラトの官邸での先だちゆき給うイエスのあとに従いかねたと、言えるかもしれない。
 イエスは周りのすべての人を怒らせ、失望させた人であったように見える。従おうとする人々を拒絶し、枕するところなき永遠の旅に立つ孤独の人であったように思う(マタイ八・19-22)。
 訣別者イエス!
 (一九七四・七・二八)


真理は自由を得さすべし   
 
 一、幸いなる挿話
 ヨハネ福音書第八章1~11.
 早朝の神殿で、説教中のイエスの前に、姦淫の罪でつかまった一人の女が、パリサイ人たちにつき出される場面です。姦淫の女は城外に引きだされて石打ちの死刑にあうのが当時の律法。この律法にしたがって彼女を死にわたせばイエスの人気は一ぺんに落ちてしまう。彼女を許せば律法軽視ということで今度はイエスのほうが罪に問われるハメになる。それを見越してパリサイ人たちは「イエスをこころみて訴える口実を得ようと」(ヨハネ八・5)この冷酷な仕打ちをしたのである。この時、イエスは言う、「あなた方の中で罪のないものが、まずこの女に石を投げつけるがよい」(ヨハネ八・7)。これを聞くと彼らは良心に責められて、老人からはじめて若ものにいたるまで一人一人出ていき、イエスと女が中にいるのみになった」(ヨハネ八・9文語訳参照)とある。
 この美しい物語は、別の写本ではルカ福音書第二十一章の最後にくっついているという。文体もヨハネ福音書風ではないという。しかし、日本語訳聖書では、みなこのヨハネ福音書のところにつけてある。実に内容的に言って適切な箇所であると思う。と言うのは、12節以下の「生命の光・真理と自由」のテーマにまさしくぴたりの挿話であるからである。
 ヨハネ福音書は他の福音書にくらべて、いちじるしく会話が多い。朗読調で読むと、会話の部分で腰をおられて、困る程。それ程会話が多いので、少し考えすぎのようですが、これは場面転換の多い戯曲だなという気がします。各章毎に、背景があり、登場人物があり、会話があり、そして解説のナレーションがある。ヨハネ福音書は、舞台にのせてみるとずい分とわかりやすいイエス伝になりはせぬかと思います。
 そのように考えてみると、この第八章には、是非とも一つの舞台がほしい処です。古い聖書には、この物語りはのっていないのだそうですが、二・三世紀頃、どこかに残っていた一伝承を採集してのせてくれたものでしょうか。実に嬉しいことだと思います。
 この物語りには悪人が出て来ません。いつも悪役の学者、パリサイ人達もこの日ばかりは些か神妙です。「エルサレムの宮の広場に朝日が射している朝のすがすがしき光景を思い浮かべることができる」と黒崎幸吉先生はその注解書で述べています。そういうことを書き添えてみたくなるような、仕合わせな早朝の物語りである。
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-04-25 03:56 | 日岡だより
<< No.589 真理は自由を得さ... No.587 日々新生(三月十... >>