No.576 剥脱の日記<リバイバル感想>ほか 2013.1.27

「心に満つるより」No.1 

剥脱の日記       

<リバイバル感想>   一九七三・七・八
 山本先生よりアルゼンチン・リバイバルの記録「栄光のおとずれ」を送って頂き、一気に読了する。
 こういうものすごい怒涛のごとき聖霊の働き、それがある地域に集中してあたかも磁場がつくられているかの如き現象を呈する、こういうリバイバルはキリスト教(それもプロテスタント)だけのものなのだろうか。それとも、どの宗教にも見られる事であろうか。
 それはさておき、リバイバル物語の最大の危険は、その宗教的ヒロイズムに目をうばわれた宗教的野心家をうみだす事である。そういう英雄妄想を、釘づけし得ない宗教家に神がリバイバルの門戸の鍵をわたす筈はない。
 完全に「指導者づら、英雄気取り、後世への名誉心」から脱却して、「おのれを捨て、おのが十字架を負いて」キリストに従う神の僕ならずば、リバイバルの鍵を乞い得ない。
 

<燃えよ! 人生> 
 「燃えよ! 人生」
 そう自分の人生に言い聞かせたい。
 古人いう「どくろ識尽きて、枯木龍吟す」と。
 龍吟とは、燃えるということだ。
 枯木に何の使い道ありや。
 ただ燃えるのみだ。そこに、神にもやされる人生がある。
 燃えないのはなぜか。生木だからだ。生木はくすぶって火にならない。根は切られているくせに、枯れ果てようとしない。そういう「既に死んでいる」はずであるのに、まだ生きている体の人が教会にうようよしている。「一人すべての人にかわりて死にたまい、すべての人すでに死にたるなり」と心に深く体験していても、根は切られても尚水を吸い上げて花を咲かせている生花のように、死を心の奥深い処にあるキリスト体験してのみ記憶し、日々に死し、キリストの十字架に生きる日毎の人生の秘儀を知らない人は、所詮人生に失敗する。
 人生に燃えよ!
 汝の内的熱気ではない。
 汝自身を枯木となして、神の霊気にもやしつくされよ。      (七・一三)
 

<宇宙と私> 
 目に入るもの、感じるもの、すべて私と一つである。私の体の中にある諸器官、諸細胞と「私」との関係と、宇宙、星辰、山河、海風、草木、虫魚、人獣、工作物一切のものとこの「私」との関係と同じようなことなのではないのか。「私」とそれらをすべて切り離していくと、一切が宇宙に帰り、「私」は無になる。その無が、神のイノチであるという気がする。            (七・一四)
 (1973年10月号「心に満つるより」No.1より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2013-01-29 21:18 | 日岡だより
<< No.577 剥脱の日記<脱落... No.575 剥脱の日記<一寸... >>