No.537 相馬富恵姉、召される! 2012.4.22

相馬富恵姉、召される!  

 東京・秋川集会の相馬富恵姉が去る4月16日、天に召された由、連絡を頂き、一瞬ショックを受けた。86歳であったそうだ。
 体には障碍のある姉妹であり、日常生活は不自由であったと思うが、いつもニコニコ、お元気であった。聖霊に在る篤信の故である。
 信仰に導かれた経歴を詳しくお聞きしたことは無かったけれど、吶々と語る信仰の言葉には深い深い確信から来る味わいがった。信仰者としても特異な存在であったと思う。
 また赤坂家ご一家が例えようのない愛と親切さをもって家族同様、同姉を慈しみ愛して居られ、お世話されてきたことも知っている人はどなたも賛嘆されない人はなかったであろう。
 しかし、それ以上にキリストにある奇しき同胞愛である。いや亦、それ以上に同姉への尊敬でもあっただろう。遠からず同姉の思い出を、秋川集会や赤坂家の方々よりお聞きしたいものである。(早速、赤坂文姉より、その原稿が来た、来た。次頁に載せます。)《く》


「一心一体」
                               赤 坂 文  
 
 とんちゃんこと相馬富恵は、生後3ケ月で高熱のため脳性マヒとなり、手足だけでなく言語もままならない身体となり、86年の生涯を送った。
 出会ったのは横浜の施設旅行。その時は不自由な身体をなんとかバランスを保ちながら歩くことができていた。53才だった。
 一年後のある秋の日、
 「文ちゃん、イエス様って知ってる?」
と、とんちゃん。知るも知らぬも、私は洗礼を受けて、わずか1ケ月たらず。もうすぐ20才になるところだった。
 とんちゃんが初めてイエス様を知ったのは、まだ自宅にいた頃の20才くらい。ラジオ放送でコリント人への手紙13章「愛の章」だった。愛がほしいと熱望していたとんちゃんにとって、ぴったりの言葉だった。
 私にはイエス様しかない、と思ったそうだ。そして一人でラジオを聴きながら信仰を持ち続けた。
 洗礼を受けたばかりの私は私で、とんちゃんに尋ねられた時の気持ちは35年たった今でも鮮明に覚えている。御聖霊様から湧き出る歓喜だった。
「とんちゃん、私もイエス様知ってるよ!」
と。
 それからは神様が出会わせてくれた一体者。私はとんちゃんに新約聖書をマタイから読んでカセットテープに吹き込んで施設に届けた。とんちゃんはそれを大音量でよく聴いていた。
 ある日、釘宮先生の説教テープを届けると、これまた施設中に伝道しているような大音量で聴いている。
 そうしているうちに
「気持ち悪いから、早く大分に連れてって。早く洗礼を受けたい!」
と言い出した。言い出したら聞かない。
 しばらくして、キリストの福音大分教会へと出かけた。釘宮先生に洗礼を授かった。その直後、不自由で組めなかった指が組め、正座できなかったのが出来た。これぞまさしく、祈りの姿勢。その後は祈る、祈る。祈りまくる。また、持てなかった箸を持ち、トマトをつまんだり、神様の御業が次々に現された。
 そして帰りの寝台車での夜中の出来事。白い衣を着た女の人がとんちゃんに現れ、
 「あなたは神様の子供です。」
と言って消えたそうだ。(天使様なのか?) ご聖霊様の働きなのだろうか、その天使様は、一から十までお聞きすれば教えてくれるし、私たちを神様の御旨に導いてくださる。健康面から仕事面、人間関係までも。
 危ない言い方をすれば、ご利益宗教まがいにされてしまいそうだが、これを否定できるのは、すべてなすことすることが自分の為ではなく、イエス様の御用の為ということだった。
 この世の人からみれば、傷み、苦しみに、不自由な身体、それは、不幸に見えるかもしれないが、とんちゃんは何人もの人をイエス様に導いた。思い起こしてみるとざっと15人が洗礼を受けた。
 そして、とんちゃんは私を鍛え抜いて天国に行った。今、私は独り立ちが出来、何か事が起きると、静かに目を瞑り、神様に聴く。これぞ御聖霊様を強引に呼び寄せ、お聴きするやり方だ。
 出会って35年。一緒に暮らして28年。イエス様の愛を身をもって知らしめた生涯だった。
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-04-24 14:57 | 日岡だより
<< No.538 強く、雄々しくあ... No.536 息吹きの祈り 2... >>