No.533 信仰を築き、成長させる十則  2012.3.25

信仰を築き、成長させる十則

一、主日礼拝に必ず出席する。その他、教会の定期集会にも出来るだけ出席する。これが信仰を築く第一歩である。

二、日々聖書を読む。神の御言葉は、あなたの足のともしび、また道の光です。

三、日々祈ること。聖書を食事にたとえれば、祈りは呼吸にたとえられます。祈らぬクリスチャンは息をせぬ人間に似ています。絶えず祈ることは、聖書のすすめ。以上の三点が信仰生活を守るための基礎です。

四、肉体の人間も食べて寝ているだけでは健康な体にはならない。信仰の健康のためには、伝道が大切です。伝道といっても大げさに考えず、日常の生活の中で信仰を告白し、証しをすることが伝道の手始めです。そして、教会の集会にさそいましょう。

五、次に、信仰成長のために、ぜひお勧めしたいことは、什一献金(収入の十分の一)の励行です。什一献金は実行してみると分かりますが、出来ないことはないが経済的に容易ではない額です。神様は何も貧しい人をいじめるつもりではなく、持っているものを取り上げてしまうつもりでもありません。「什一献金で私を試してみなさい。私は天の窓を開いて溢るる恵みをその人にそそぐ」。と神は言っておられます(マラキ三・一〇)。実に什一献金はクリスチャンの経済的祝福の道であります。

六、信仰のための良い指導書や、キリスト教古典を読みましょう。図書の選択は牧師に相談するとよいでしょう。良い読書は良い食物(聖書にたとえて)のための良いビタミンであります。

七、日々賛美を、周囲に迷惑なければ、声高らかに歌いましょう。たとえ少人数でも、信徒が集まった時は必ず賛美をしましょう。

八、多くのクリスチャンが精神の強化を忘れているか、無視しています。あるいは、律法的なガンバリズムに堕しています。霊の救いに重点をおかずして精神強化を忘れるのは、信仰の故に肉体の健康を無視するのに似ています。聖書的精神強化法としての映像思念・御言葉コールを励行しましょう。

九、教会の係り、役目、仕事に奉仕ください。教会の奉仕には不思議な喜びがあるものです。そして、一人で黙々とやって人の分までしてしまうというより、少しでも人をさそい、人と共に奉仕し、そして係りなどの務めは後継者を早く見つけてください。

一〇、互いに集いましょう。電話しましょう。手紙をかわしましょう。信徒の交わりこそ信仰を冷やさぬ大保温器です。

(1977年4月10日週報より)



〔聖書講義〕
我が内なる「福音」   
 
           二

 テモテ第二書の第二章1節を読みましょう。
「そこで、私の子よ、あなたはキリスト・イエスにある恵みによりて強くなりなさい。」
 
 これはもう、冒頭から凄い言葉です。これだけについて語っても語りつきない程です。
 「私の子よ!」この呼びかけに、パウロの深い愛を感じます。どんなに愛する弟子でも「私の子よ」とはなかなか言えぬものです。キリストの愛にみたされぬと、こういう言葉は出ぬものです。
 
 人生を強く生きる秘訣は愛にあります。「全き愛は懼れを除く、恐るるものは愛全からず」と長老ヨハネの言うとおりです。本当に愛する時、恐怖心をけちらしてしまいます。恐れている時は愛が無いからです。
 
 こうなると、愛、愛と簡単に言っても大変です。そういう本当の愛はどこから来るのでしょう。
 みなさん! 愛とは受動的なものでありまして、愛されて初めて愛が分かり、そして愛することができます。愛された経験のないものは愛することが分からない。そして、今愛されていないものは人を愛することができない。
 それなら、今この私、どうしてどうして人を愛することができようか。
 友よ! 聞け、イエスは言う。
 「我が愛に居れ」と。
 
 宇宙に神の愛は満ち満ちているのです。人間の体に、打ち身ができるとそこに全身の血が集まり、傷や炎症があるところに血漿がたまる。そのように、ゴルゴタの丘の上に宇宙全身の血が集まって、そこに神の愛の結晶が見られた、とクリスチャンの私は思うのですが、正しくそこでイエスは見世物のごとくさらされています。愛の見世物ですよ。神の愛が見えるがごとく投げ出されているのです。こういうイエスを通して表される神の愛に居ろうではありませんか。
 
 パウロの愛の原点はどこにあるか。それはダマスコ城外の回心の時です。パウロ(その時の名はサウロ)は、光に打たれ、そして声を聞いた。
「あなたは誰ですか。」
「私は汝が迫害するイエスである。とげのあるむちをければ、傷を負うだけである。」
 これは奇妙な問答です。神秘現象を以て迫ってくる目に見えぬ人格に
「あなたは誰ですか」
 と問う。倣頑なサウロにとり、かって分からないことは何一つ無かった。このようなうろたえた質問を発する時、既にサウロの敗北がある。
 「私は汝が迫害するイエスである」この答をサウロが聞いたと彼自身が告白する時、三つの重要な点がある。<つづく>
(1973.12「心に満つるより」No.3より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2012-03-27 16:10 | 日岡だより
<< No.534 信仰の第一歩は聖... No.532 死を見つめること... >>