No.520 クリスマスを感謝しましょう 2011.12.25

クリスマスを感謝しましょう  

 今年は西暦2011年でしたが、学者の説によると本当の西暦の紀元はもう4年遡(さかのぼ)るのが正しいという声もあるようです。
 西暦の紀元というのはイエス様のお誕生の年に定めてあるのですが、それは聖書の記事に従うと、その時のユダヤの王はヘロデ、この王様は例の嬰児虐殺事件を起こす訳ですが、そういうう歴史的事件をとおしてイエス様のお生まれになった年をさぐると、もう4年さかのぼるべきだと言うのです。
 とは言え、こういう論議は学者さんに任せて、私たちはイエス様のお誕生そのものに思いと考えを及ぼしたいのです。
 イエス様がお生まれになったのは正確に言うと何年、何月、何日か。それは大切な論議かもしれませんが、それよりも、イエス様という方が、2千年程前にこの地上にお生まれになったのは、本当に事実なのか、どうか、それが大事なのです。
 一時は、イエスという人物は本当にユダヤの土地に生まれたということ、そこに33年ほどの生涯を過ごされたということ、それは事実なのか、相当きびしく検討された時期もあったのです。長い間の検索の結果、今はもうイエス様の歴史的実在を疑う人はなくなりました。
 その次は、イエス様という人物が本当におられたとしても、あの聖書に書かれた人物像はどの程度信じていいいのか、これも長い間あくどい探索検査にさいなまれて来た訳ですが、現に残されている新約聖書のイエス伝をちょっとでも疑う人は最早いません。お釈迦様や、マホメットや、孔子さんに比べても、比べられないように散々に調べ尽くされたあげく、新約聖書のイエスの生涯の真実性を疑う人はいません。
         *
 以上の結果、欠点の一つも見られない正に聖者と言ってよい、古今通じてこんな人物が地上に居たのかと驚嘆せざるを得ないようなお方、このイエス様につきあたるのです。
 正に聖なるお方、愛に満たされたお方、あまたの病や不具を癒し、驚くべき奇蹟を為してご覧に入れて下さったお方、その方が十字架にかかり、死なれていることを何度も確認されているが、そのお方が3日目に、見ている人々の前で墓石を押し分けて歩き出て、ついにその復活の姿をもって天に上って行かれる。このようなお方は人類の歴史にない、唯お一人の不可思議な方、正に神が人となられたと言うほかはない、この人類未到の奇蹟的人物として、私たちは確認せざるを得ない、こういうお方が本当にこの地上に生きていてくださった。もう一度言うが、お釈迦様でも、マホメットでも、孔子さんでもない、ここに地上にかつて生まれたことのない奇蹟の人、イエス・キリストのご人格にぶち当たるのである。
 お釈迦様も、マホメットも、孔子さんも、言ってみれば申し訳ないが、元々只の人である。しかし、偉いことに修業してあそこまで人格を成就なさった、偉い方々です。
 しかしイエス様は違う。彼は人として生まれ、人間に相違ないが、実は人にして真の神、神様が地上に生まれて、人としてお育ちになったお方である。だから生れながらにして神、それがイエス様である。
 だから馴れ馴れしく「イエス様」などと甘ったれて言うのではない、厳かに「神様」とお呼びして仕えまつるべきお方がイエス様である。
 主は言われる。「私と父とは一つである」(ヨハネ10:30)。《く》


日々新生   

十月十日(水) 「心に満つるより」第一号の発送をはじめる。はなはだしく汎神論風に傾斜した文章である故、古い先輩、教友方の批難や絶交状のくることを覚悟している。
十月十二日(金) 俗務多忙(その一例、三百万円借入れ、高教組委員に面会、求職者不採用決定、医者にて血圧をはかる、S氏交通事故を見舞う、封筒書き、十二時就床)
十月十三日(土) 坐禅を正式にはじめて満五ヵ月になる。枚方バプテスト教会 田辺恵雄牧師の伝道誌「聖名の福音」第九号を頂く。巻頭論文、私自身の文章を読む思いがする。私のようにテレンパレンでなく論理的にしっかり書いて下さる点もありがたい。早速、共感・感謝の電話をかける。
十月十四日(日) 日曜礼拝、ヨハネ十三・一~二〇にて。我らの内なる岩のキリストに根ざして生きよ。律法主義では人の足を洗えない。
十月十五日(月) K氏を見舞いに行くが不在。癌であるが至って気性しっかりしているご様子。
十月十六日(火) 原稿(宗教思想)をかきはじめ二時をすぎる。
<つづく >
(1973.11「心に満つるより」No.2より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-12-27 17:29 | 日岡だより
<< No.521 キリスト信仰の中... No.519 一日三回、笑いま... >>