No.507 悪霊について~一つの見解~ 2011.9.25

悪霊について   

    ―一つの見解― 

 ある姉妹から、ご質問がありましたので、私なりの返事を書いてみました。その一端を以下に写させて頂きます。(釘宮)

「悪霊は人に入れないということを聞きましたが、聖書にはイエス様が悪霊を追い出す場面があります。どうしてでしょうか。」
 悪霊が人にある種の影響を与える事は事実です。イエス様だって悪霊の言葉かけだけは受けました。しかし、イエス様は悪霊を追い返しました。(私だって悪霊くらい追い返しますよ。もっとも悪霊も大物、小物いろいろですがね)

「悪霊は牧師にしか追い出せないのでしょうか。自分で祈るとすれば悪霊に勝つ祈り方がありますか。」
 人に入り込んだ悪霊を追い出すのはイエス様か、イエス様の名によって追い出しするクリスチャンのみに可能です(牧師さんでも出来ない人あり、いや、しない方もあり、また信徒の方でも追い出せる人もあります)。
 悪霊を追い出すのは「祈り」というより、聖霊によって実行できる賜物(力)の一つです。

「死後の世界のことをお聞きしたいのですが。死んだらすぐに天国に行けるのでしょうか」
 死後の世界は陰府(読みは「よみ」、黄泉と同じ)と地獄、それに対するのは天国です。
 陰府は地獄と同じように理解されやすいですが、些か分かれます。陰府は地獄の入り口といってもよいでしょう。或いは天国と地獄との分かれ道と考える人もいます(ルカ16:22~31参照)。

「天国ではどのようにして過ごすのでしょうか」
 天国は主にあるクリスチャン達の学びと奉仕の場所と思います。多くのクリスチャンたちは、地上では救われたとは名のみの者たちですから再教育が必要なのです。
 そして天使候補となって、地上に遣わされます。信徒諸君への奉仕です。

「キリスト教でない人はどうなるのでしょうか」
 地上にあってイエス様を信じる機会のなかった人、また信仰はよく分らなかったけれど、真理を求めた人達の救のために、再教育の道はあるはずなのですね。

「永遠の命をもった人々で天国はいっぱいにならないでしょうか」
 天国も宇宙も無限大に広いのです。《く》


私の宗教問題   

     一

<日岡だよりNo.506よりつづき> 
 〔1〕目下の私の心情を正直に言うと、既にキリスト教をすててしまっていると言ってよいと思う。キリスト教の神話、教理、教会制度、その伝承的な雰囲気より西欧的キリスト教風な形骸を捨て去ってしまって、その底に残っている一つの真実を私は求めている。
 
 〔2〕故に、私に言わせるなら、私はキリスト教の根本を問い直しているのであるし、私は本当のクリスチャンであるとも思うし、だからキリスト教をすてた、すてたと言うのは、少し言いすぎであると思う。そこで、正確に言うなら、すてたのはキリスト教であってキリストではないのだ。
 
 〔3〕ところが、問題はこの「キリスト」論である。私のキリストはしばしば宇宙論的キリストであって、「地球を聖舞台にして、宇宙星辰の只中で執行される」底の「真の肉、真の血」としてのキリストである。
 
 〔4〕こういうキリストは既に、汎神論的異教的キリスト像であると正統派の人々は言うであろう。私はそう言われても少しも困らないし、痛くもかゆくもない。中世のヨーロッパに住んでいないことを心から感謝する。
 
 〔5〕キリストを捨てて、史的イエスに帰ろうという前衛派の人々に私は組しない。しかし、神話的衣をはいで新約聖書の真実に迫ろうとする、その手法にうなづける。私は、神話の底にあるキリストの真実にふれたいと思う。
 
 〔6〕こんなわけで、今や私はキリストの真実を求めるあまり、キリストの名はどうでもいいと思うようになった。イエスもキリストもクリスチャンもクソもあるものか。そんな「名」が天国にあるはずがない。天国には真実のことばはあろうとも、バベル以降の人間の言葉が通用するわけはない。
 
 〔7〕もし、キリスト教が西欧におけるように、また日本における仏教のように、日本の世間に通用する宗教であったら、私は少なくとも、私どもの集会の名にキリストの名はつけなかったろうと思う。私が、私どもの集会にキリストの名をつけるのは、少なくともこの大分では、キリスト教はまだ人気のわるい外国の宗教だからである。意地っ張りなんだね、この私は。
 
 〔8〕私がもっともつけたかった名称は「ヤソ教アーメン宗」である。キリスト教というよりも、そのほうがもっとも侮蔑的で、そして私どもの宗教の本質をついていると思う。
 キリストという言葉は私にとって既に「名でない名」であって、この世でキリストを語るにふさわしい代名詞は「イエス」のみである。
<つづく>
(1973.11「心に満つるより」No.2より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-09-27 16:45 | 日岡だより
<< No.508 手島先生と私の信... No.506 永遠の命に至る水... >>