No.503 あなたも夢を見ましょう 2011.8.28

あなたも夢を見ましょう   

 夢を見ない人はないでしょう。人間は夢を見る動物です。もっとも犬でも夢を見ているようです。その手の本を読んで研究したわけではありませんが。
 聖書では預言者たちはよく夢を見ていますし、イエス様のご両親もそのようですね。夢を通して神様が人に語りかける例は多いのです。
 夢とは潜在意識が睡眠中に人の脳裏に湧いてくるものでしょうが、潜在意識、いやもっと深い深層意識を通して神様が人に語りかけてくるのが預言の原則でしょう、つまり私の造語を使えば神層意識なのだが、その神層意識では人間の意識と神様の意識がツーツー(通々)になるのである。私がそのようになっているわけでは決してない。しかし、聖書の預言者たちは、そのような方たちであったはずである。
 そこで、皆さんに考えてほしいのは、皆さんの夢見を大切にするということです。「神様、今宵もあなたよりの夢を見させて下さる私にして下さい、と毎夜寝る前、よく祈ることです。
         *
 夢を見る事は、信仰生活を活発にし、実りあるものにするために、非常に大切です。みなさんの夢の中で、意識をもって自分の夢を自覚し、自分に夢を神様の世界に向けるように激励し、また夢の中から神様ご自身や、イエス様や、天使たちの御姿や御声が見聞きできるようにお祈りしなさい。高ぶらないで、謙って求めなさい。(威張って、こんなことを言ってるみたいですが、私にはそういう経験は全然ありません。ご質問がありましたら、イエス様ご自身に、天使様ご自身になさってくださいね。)
 霊的に夢を解釈する事は聖霊により出来ることです(創世記40:8)。《く》


二人のヨセフ   

 聖書の中に夢見る2人の人物が出て来ます。旧約聖書のヨセフ、新約聖書のヨセフです。
 今日の礼拝で、この2人のヨセフのお話をしたいと思い、目下(昨日の今日)勉強中です。旧約聖書のヨセフ伝は創世記第37章以下50章、創世記の最終までに載っています。どうぞお読み下さい。魅力的で、話題に富み、物語としても充分に楽しめます。
 新約聖書のヨセフは言うまでもなくイエス様のお父様です。ですから、書く材料は一杯あり、面白い原稿を書けそうですが、実は然らず(実はこの然らずという言葉は私のワープロには出て来ない。こんな言葉は時代遅れなんですね)、案外、このイエス様のお父さまの記事は少ない。伝説は多いでしょうが。
 イエス様のお父さまのヨセフさんは多分、地味で人前に出ることの遠慮がちな方だったのでしょうか。イエス様のお父さまということになって、当惑なさっている人物が目に見えるような気もします。しかし、イエス様の聖霊を頂いて素晴らしい生涯を過ごしなさったでしょうね。《く》


私にとっての禅   

    (二)

 <日岡だよりNo.502よりのつづき>
 パウロも「同一の主」という言葉を使っているが、それはローマ書で
「イエス・キリストはユダヤ人にもギリシャ人にも同一の主である」
と言っているところだ。
 時間の軸を縦に取って、どこに持っていっても同一の主、民族の軸を横にとってどこに行っても同一の主、その縦と横の軸の交わる十字の接点がこの私ではないか。この私の内にあって、「在りて在るもの」「みちみちている方」「私の内に私を貫き、私の上にある方」―――これがキリストだ。
 
 キリストを信じるとは、天上たかく雲の上にいますキリストさまをおがむ―――そんな事ではない。そういう絶対他者のキリスト教を信じると何かのマジナイで罪がコロッと消える―――それじゃ迷信もいいところだ。
 そうではない。私の内に充満し、ソーセージの肉じゃないが私という皮袋の中で張り切っているキリストの実力を信用する、それが信仰だ。

 私の娘は佐良直美が好きです。こづかいを貯めて、佐良直美のレコードを買います。
 「お前、そんなにそのレコード好きか」
 「うん、好きよ」
と申します。だからといって、あの合成樹脂か何かの黒いレコードが好きなのではありません。あのレコードに吹きこまれている佐良直美の音楽が好きなのです。あのレコードと佐良直美の音楽は一体でして、あのレコードには佐良直美の音楽が充満しています。
 佐良直美の音楽は愛すけれども、あの黒い平べったいレコードは不要だ、私は物質は嫌いだ、私は精神を愛すると言って、レコードを捨てて佐良直美の声のみ聞くことはできない。これが物心一体の原理です。
 それと同じような具合にもっと内面的に密着して、キリストは私の身心に一体的に住んでいるのです。いわば紙の裏と表であって、我が表なら、キリストが裏、表裏一体の一枚となって、キリストが私の内に住んでくれているのです。
 <つづく>
 (1973.11「心に満つるより」No.2より)
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-08-30 16:44 | 日岡だより
<< No.504 なりたい自分にな... No.502 奇跡が起きるのが... >>