No.485 復活の恵み 2011.4.24

復活の恵み 

 今日は教会暦では復活節です。復活節とはイエス様が十字架にかかって死なれ、墓に葬られた日の3日目に御復活なされた、その記念日です。(カレンダーで言うなら、春分の日以後の最初の満月の後に来る第一日曜日ということになっています)。
 イエス様は私たちの罪の贖いのために死んでくださった。そのことを信じ、「十字架、十字架」と言いながらも、この世の力に対して無力なクリスチャンが多いように思えます。それは、イエス様の御復活の力を頂いていながら、その力を発揮しないからです。イエス様のご復活が無ければ、御十字架の死は無意味になってしまいます。
 世の苦難、圧迫、迫害、そうしたものに、じっと耐える力、それだけでなく、逆に世に出て行って、世の勢力と戦って勝利する力は、イエス様により罪を赦されたという信仰だけでなく、イエス様が私の内に復活して生きていて下さるという内在の信仰が必要です。
 イエス様は既に私の中に生きていて下さっている、という信仰をイエス様に求めて下さい。「主よ、私の魂に宿って下さい。私をあなたの住まいにして下さい。私の魂を握って下さい」と祈るのです。祈りについては、次回に書きます。《く》


市長、市議の選挙にあたって 

 今日は大分市の市長と市会議員の補欠選挙の日である。「あなた、誰に入れますか」と私に問う人は普通はないが、時には信徒の方から、ご自分の投票の参考にしたいらしく「先生は誰に入れますか」と問われることもある。
 今度の市長選では現職の市長が最有力であろうが、姓が私と同じ釘宮で、これは他県ではまず珍しい姓である。大分県ではかなり多い姓だが。(その系統は大分市郊外の宗方と、臼杵市の吉野の二つの流れがあるようだ)。私も同姓だから肩を持つ訳ではないが、釘宮さんに入れるつもりである、ハハハハハ。
 さて、こうした選挙の投票について、以下のような身近の例もあったので、ご参考に読んで下さい。それは私の伯父・釘宮徳太郎のことに関するのだが。
 私は中学生の頃であったが、この伯父が周辺から無理矢理に推薦されて、ついに不承不承、県会議員の選挙に出た。聞いたところによると、あっちこっち政界の批判を述べたのち、私には一票も入れてくれなくても良い。日本やこの県市に神様の御心に添った良い政治を期待するというような異例な選挙演説だったらしい。伯父を知っている人たちは、「釘宮さんらしいし、元気のいい演説だったよ」と好評だったが、一般の人にはどうだったか、その辺は聞いていない。
 結果は次点で残念ながら落選。周囲の者はガッカリした。ご当人も決して気分爽快とは言えなかったろうが、実は以下のようなこの伯父の内面がある。
         *
 この伯父はそれまで選挙の投票なるものに一度も行ったことがなかったのである。それには、彼の当時の人にも、今の人にも分かりにくい、奇妙とも言える考え方があったのである。
 伯父には、選挙というものは世を挙げてのお芝居であって、ホントウのことはよく表に出ない。結果がどう出たところで、所詮は一般庶民には、関係はない。一部の政治屋の思うままに、こねくり廻されるだけと思っていたと思う。
 選挙に行けば、ともかく選挙率の向上には只の一票でも、そうした愚昧選挙に加担したことになる。だから一票でもよいから、棄権しよう。これが、伯父の正直な考えであったらしい。
 選挙は国民の義務だなどとだまされて、多くの人は投票場に通う。政権党に入れようと、反対党に入れようと、投票率が高くありさえすれば、少なくとも国民の意志は目下の政治(政権ではない)に満足の感想(意志ではなくても)を語っていることになる。
 投票率がガタッと落ちて、投票率10パーセントなんかになってご覧なさい。どちらの党の支持が落ちたなどということではなくて、目下の政治全体が否認されているということである。そうなったら、もう革命寸前というより、国家運営そのものが風前の灯火であろう。
 ともかく、選挙には億劫(大分弁ではヨダキイ)で行かないのではなくて、当時の伯父のように「選挙なんか止めてしまえ」という積極的投票拒否の姿勢で棄権するという人たちが多数出たとなると、これは国家的大事件である。それは国家機構を拒否していると解釈してもよいからである。今の日本では、そういう事までは想像もできないから、安心していてよいのだろうが、為政者たる者は、こうしたことも念頭において国民の思想経緯を見守っておいて貰いたいと思う。
 投票は国民の義務であるなどと、はやしたてて大勢の国民を投票場に向かわせるのは、戦時下の国民精神総動員と同じである。そうでなくても「右へならえ」と思想統一されやすいこの国の国民の思惟の弱さを、ここで一つ強健に立て直す再教育が必要である。これは教会の世に対する一つの大きな任務であろうと思うが、このことを私はキリスト教界に大きく訴えたいのである。
 こうしたことこそ、「真の愛国心」であると私は信じる。即ち、キリストにあって、①おのが国(民族)を愛することと、②世界の平和を願うことと、③宇宙の完成を祈ること。これは、全世界のクリスチャンの務めである。《く》

〔おしらせ〕
◎テレホン聖書は最近は一週間に一度、土曜日の入れ替えになっています。また、過去の吹き込みテープを使っていることもあります。ご了承ください。
◆5/22 13:30より「いのちの講演会」 渡辺和子氏(ノートルダム清心学園理事長) iichiko音の泉ホールにて。ゴスペルコンサートもあります。入場券1000円(当日1200円) プレイガイド、または円ブリオ大分080-4281-8852までお問い合わせください。


拡大宣教学院をご支援ください
■郵便振替(郵便局)
 口座記号番号  02240-7-34622
 口座加入者名  拡大宣教学院
http://gospeltown.web.infoseek.co.jp/



[PR]
by hioka-wahaha | 2011-04-26 12:29 | 日岡だより
<< No.486 祈りのコツ 20... No.484 勝利の入城式 2... >>