No.476 トミさん、召天一年を感謝! 2011.2.20

トミさん、召天一年を感謝! 

 トミさんを天に送って、もう一年たったか!感慨無量である。私たちのように愛しあった夫婦は、世間にそう多くはあるまいと思う。これはもう、神様の恵みであって、僕らが決して無理をして愛し合う努力をしたわけではない。神様がくださる夫婦愛に満たされて日々を過ごしたのであった。
 一年たった今も、応接室にある彼女の写真に向かって「トミさん、どうね。天国の様子を聞かせて」などと語りかけている。
 私もぼつぼつ90歳、彼女にじかに会える日も近いなあと喜んでいる日々である。《く》
 

【証し】
喜び喜べ 
                                        阿部たかえ 

 40年ほど前のこと、当時、父(釘宮牧師)の経営していた印刷会社でタイピストとして働き出して、2、3年目くらいのことだろうか。
 社内での仕事のほとんどは、母がマネージメントしていた。実際、企画力と押しの強さは社長以上で、皆をたばね、能率的に仕事をさせるのがとにかくうまい。
 新しい社屋もできて、働く環境はいうことなし。
 給料はまだ安かったが、タイピストという仕事をやっと一人前にこなせるようになって、今からまだまだ腕をあげるぞー、という時だった。
 とにかくこの出来のよすぎる母が、私にとっては「目の上のたんこぶ」。
 母はとにかく「嫌われ者」であることを武器に社員をまとめていたわけで、何かしら問題が起こると、私は皆の不満を母に持っていくパイプ役で、とても嫌な役まわりだった。
 皆の不満は私の不満となり、仕事が辛くなり、私はとうとう会社をやめたいとまで思うようになっていった。
 人間的にはなかなか母とうまくいかず、辛いことも多かったのだが、おかしなことに、信仰については良き指導者であり、よき手本であって、相談相手でもあった。
 結局わたしは、悩みの張本人である母に相談をもちかけたのだ。
 
 「ねえ、母ちゃん!」「私は会社辞めたいんだけど、どうかなあ」
 心の中では自分がいなければかえって皆うまくいきそう……とつぶやきながら、
 「どうしていいかわからんのやわ」「タイピストが減ると会社も困るわなあ」「やめんほうがいいかなあ」
 しかし、もうよだきい……と思う。
 「やっぱり、やめよう」
 
 考えてみれば、本当に自分勝手で、母はこんなの相手にしていられないと思ったかもしれない。
 しかし、母は私にこう言ったのだ。
 「孝枝ちゃん、祈ってみよ。イエス様が答えてくれるまで祈らんと」
 イエス様から答えがあるまで自分で祈れというのか、これはまたどうしたもんだろう。
 わたしは声も出なくなってすごすごと帰った。
そんな祈りはしたことがなかった。
 
 仕方がないのでその日からとにかく祈ることにした。これが私のいいところで、みょうに素直。
 3日もたっただろうか。
 朝、職場に来て何も変わってないし、別にいいことがあったわけでもない。でもなんか嬉しくて、やたら口のあたりがにやけてくる。
 お昼ごろ私は気がついた。
 昨夜、ピリピ人への手紙4章を読んだ。1節から何度も、何度も。祈りながら。その時に父のメッセージを思い出していた。
 
 「喜び喜べ」これはイエス様のご命令です。命令なのですから「はい」と聞けばよいのですよ。
 どんなにつらくても、苦しいときでも、悲しいときでも、イエス様が「喜べ」とおっしゃるのですから「喜ぶ」んです。
 そうすると、本当に心から喜びがわいてきますよ。主の喜びがね。
 
 「そうか、わかった」「イエス様が喜びをくださったので、わたしはとても嬉しくて、仕事も楽しいし、母にもだれにも腹がたたないし、なんか心の中から喜びが沸いてくるんだ」
 悩みの結論は出たも同然。
 急いで母に告げにいった。
 「祈りがきかれたよ」「私は心が変えられたみたい」「祈りってすごいのね」
 母は即座に答えた。
 「そうよー!」
 いつもの母の口調に腹はたたなかった。2人で笑った。
 
 それから私は結婚して長女が生まれるまでタイプを打ち続けたのだが、これがわたしの初めての回心というべきものだったにちがいない。
  
 「あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい」
       ―ピリピ人への手紙4章4節―


【あとがき】      
 母は2005年5月に脳梗塞を起こし、半身マヒとなりました。その数年前から認知症を発症していたこともあり、いわゆる「寝たきり」の状態になり、介護職や訪問医療の方々のお世話を受けながら、その後5年をすごし2010年2月21日に天国に旅立ちました。
 直接には気管支にできた癌が死因でした。何度も肺炎を起こし、出血し、覚悟をしながらも、たくさんの方々のお祈りに支えられ、ふだんは不思議に平和に過ごせました。徐々に反応が少なくなる母でしたが、思えば母とむきあった濃密な時間だったと思います。
 最後にこんな時間を与えられたことを、今では感謝の気持で思い返します。元気な母を今はまだ思い出すことができませんが、いつか天国で再会できます。
 お世話になった方々にあらためて感謝を申し上げます。(釘宮せつこ)
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-02-22 13:37 | 日岡だより
<< No.477 二・二六事件を知... No.475 日本国は基督を要... >>