No.474 確かな信仰 2011.2.6

確かな信仰 

 「あなたは確かな信仰をお持ちですか」
 と問われると、「さーて」と身構えして心配なさる方も居られるかもしれませんね。
 昔のキリシタン迫害みたいな時代に逆戻りして、あのような時代でも「わが心の内に在るイエス様への信仰を、しっかりと守って行けるだろうか」と案じる方も居られるでしょうか。
 私は大東亜戦争の最中に、警察や裁判所の法廷で、はっきりとイエス様への信仰と戦争反対の意志を述べた男ですから、上記の質問にも「当然、そうした確かな信仰を持ってくださいよね」と答えるだろうと思われるかもしれませんが、案外そうでもないのですよ。
 確かな信仰というのは、案外、私たち人間の側の信念ではないことが多いのです。それは、しばしば神様からの賜物であります。この神様からの賜物は、信ずる者には誰にも、与えてくださいます。ある人には、まだ小さいかもしれないが、ある人には大きな賜物をくださいますよ。
 
 第一コリントの第12章を開くと、聖霊の賜物の一覧表がどっさりと出ています。パウロは言います。「霊の賜物は種々あるが、御霊は同じである。その務めや働きは種々あるが、主は同じである。すべてのものの中に働いて、すべてのことをなさる神は同じである」と。(第一コリント12:4~11参照)。
 この中で特に大事な賜物は、その9節にある「信仰」ではないかと思います。
 他に賜物として挙げられているのは、知恵の言葉、知識の言葉、癒しの賜物、力あるわざ、預言、霊を見分ける力、種々の異言、異言を解く力、等々ですね。
 パウロは、その中でも特に「預言の賜物を求めて欲しい」と言っていますが、もちろん私たちも大いに求めたいですね。
 私は信仰の初期に、こういう教えは全く知らない時に、「癒し」の賜物を頂けたのです。これは本当に感謝でした。尤も、初めのうちは自分の病気の癒しについてだけでして、他の方々のために癒しを祈って上げようなどとは、恐ろしくて口に出来ませんでした。
 しかし、その内に他の方々の病気のためにも、癒しを祈ってあげますと、やはり癒されるではありませんか。驚きましたねえ。そして、次々に信徒の方々や、また未信者さんの間でも、癒しの現象が起こるようになりましたから。
 それとは別に、御霊の賜物ですが、一番、驚いたのは最初に異言の賜物を頂いた時です。何処からか、車で帰ってくる途中でしたが、ベラベラ口と舌を用いて出てくる異様な意味の分からない言葉に、私はたまげました。私は気が狂ったのかと思いました。60年ほど前のことです。
 
 こうした事は、本当に有り難いことですが、それでも信仰者として、最も頂きたい賜物はなんでしょう。それはやはり信仰の賜物です。
 とは言え、私たちは既にイエス様を信じる信仰を持っているのですから、ここで、わざわざ「信仰の賜物」とは何でしょう。
 私どもの心の中にある信仰というものが、私の内にどっかりと坐っているというような確信。私の心の底に信仰があるんだぞ、というような、改めて言挙げして言えるものがある、「確信」とでもいいたいものです。この「確信」を求めたいですね。
「求めよ、さらば与へられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん。すべて求むる者は得、たづぬる者は見いだし、門をたたく者は開かるるなり。(マタイ7章7、8節、文語)
 然り、アーメン! 確かな信仰を求めましょう。《く》

 
成功の法則 

 五月二十一日の集会で挙げたH・C・マター氏の成功の法則を参考の為に書いておきます。
          *
(1) 神を信ぜよ。
(2) 自分自身に信念を持て。(神に救われたものとしての自覚が必要)
(3) 特定の目標を定めよ。(自分が見、感じる事ができる明確な目標)
(4) その目標を紙に書きとめる。
(5) その文章を毎日くりかえし読む。(カトリックの祈祷書のように祈りの台本に使うとよい)
(6) その目標に向って仕事をする。(人に公表したり、準備したり・・・・・・・・・)
(7) すぐにできる事はなんでもせよ。
          *
 これをバカ正直に実行すると、必らず効果がありますので、今すぐはじめてみましょう。なお、私どもクリスチャンにとり、「祈り」とうまくかみ合わせる事が必要ですのでよく工夫してください。
 ついでに書きますが、普通「祈り」と言うときは、声に出して祈る通常の形を指しています。しかし「祈り」には、このほかに「黙想」と「行為」の二つがあります。神様の前に祈るとき、しばしば啓示される事、約束させられること、気がつく事、思わせられたことがあります。それに関連して、行為を伴わしめないと、「祈り」が「祈り」として完成しないことがあります。こういう場合「行為」が一つの「祈り」なのです。(つづく) (1972.5.25「大分通信」より)
 (「こうすれば信仰がわかる」に収録)
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-02-09 18:55 | 日岡だより
<< No.475 日本国は基督を要... No.473 祈りの秘訣 20... >>