No.472 信仰生活の実際 2011.1.23

信仰生活の実際 

 信仰生活の内がわをしらべると、こういう世界がある。
(1)神に密着して生きる(神秘性の濃い霊的な世界より、ただ信心していますというような心理的世界までいろいろ程度の差はあるが…)
(2)律法的な神の教えに従う。愛の実行。
(3)神の善意、愛、摂理、導きを信じる。(少なくとも初心の人は信じていることにして生きる。)
(4)礼拝生活をともなう。形式的讃美、祈祷等の習慣化。
(5)祈りの力を体得する。(次節参照)
 まだまだ、いろいろに言えようが、気のつくことを挙げてみた。(1971.11.7)


祈りについて 

 「祈り」ということで、ちょっと書きたい。
 「祈り」とは「い・のり」である。
 「い」は強勢の接頭語である。しいて言えば「いのち」の「い」である。
 「のり」は「祝詞(のりと)」ののりだ。お宮の神主さんのあげる「のりと」ののりである。
 「のり、のる」のヤマト言葉は
 「宣(の)る」「告(の)る」「乗(の)る」「伸(の)る」というように漢字があてられている。
 「狼火(のろし)」「呪(のろ)い」も同じ語源であろう。
 「糊(のり)」という名詞も同じ語源から来ているかもしれぬ。
 だから、神霊に糊のようにべったりはりついてた心理状況がある。何ものかに、乗(の)り、また何ものかに乗(の)り込んでいくような気概がある。ノロシを上げるような活発な精神状況がある。伸(の)びやかな心の上に、体をのばして前進するというような前進的ムードがある。
 そして「宣言」する。「告知」する。サタンへの「呪い」である。それが信心生活の「法(のり)」でもある。
 祈祷にあらわれる外面的姿はまず「宣言」であろう。宣言して敵陣地に乗りこんで敵のものを、領土をぶんどるのである。信仰的確保にはこの姿勢がいる。(1971.11.7)
 (「こうすれば信仰がわかる」に収録)


信仰の原点は「復活」 

 一九七二年も、早や二旬をすぎました。新年に決心したことも又もや夢のまた夢と消え去って、ほろにがい虚無と絶望の人生にあともどりしかけるときです。自力の決心や信念に期待をかけると人間はいつも失望せざるを得ません。「しかし、神に望みを置くものは裏切られることがない。」―――この聖言のとおりに、神のみに信頼をおいてこの一年を生きましょう。
 信仰の原点は、「復活」ですね。イエスは「我は生命なり、よみがえりなり」と言われた。イエスの本質は「生命」です。そして本当の生命は、死んでも尚も活きる……復活する生命、なのです。
 あなたの人生の一切が死にひとしい状況であろうとも、その中より(手塚治虫かく火の鳥ではないが)不死鳥のごとく飛び立つ大生命の素(もと)こそ、キリストの命、聖霊なのです。この中によって、私たちは、毎日、毎時、再出発するのですよ。
♪我らがイノチは 神のイノチ
神のイノチが躍動すれば
我らが人生 歓喜と力
内よりあふれて 再発進!
 という私の一昨年の作詞作曲をもう一度うたいましょう(影か柳か勘太郎さんかのフシでも唱える)(1972.1.19)


本当の信仰 
 
 「信仰」という言葉は、語感から言って少し適切でないように思う。「神を真実とする」と言ったらどうであろう。
 両親の言いつけ、妻の要請、国の法律、学生の言い分、科学の推論、どれもこれも尤もであって、教養の無い私にはどれも一つとして反論できはせぬ。
 けれど、それら凡てにまさって、私は神を真実としたい。私はマルクスや毛沢東にまさって、神を真実とする。私は日本民族や天皇にまさって、神を真実とする。ニュートンやアインシュタインやトインビーにまさって神を真実とする。私は民主主義やヒューマニズムや平和主義にまさって神を真実とする。
 どれ程、世間が大事にし、国が重んじ、新聞や国連が推賞しても、それよりも神を重んじよう。私にとって、それよりも神が大切だ、神が真実だ、神の側につこうと、断言しよう。金とか、生命とか、独立とか、科学とか、階級とか言いだすと、人はすぐ迷う。
 たとえば、学生諸君にとり、学校生活において何が大切であろう。「成績」か「友人」か。否、大切なのは「神」である。たとえば、結婚生活に於て、何が大切か。「妻」か「子供」か、「幸福な家庭」か、否、「神」である。
 神といってもバク然として、掴みにくいでしょうが、まず「神」を求めなさい。神の実在がわかるとき、はじめて、本当の信仰が生じるものです。(1972.3.9)
 (「こうすれば信仰がわかる」に収録)


御名を呼ぼう 

 「イエス・キリスト様!」と、御名を呼びまつるとき、主はここに来臨したもう。イエスの御姿を想い、その伝道、十字架、復活の英姿を想い浮べて、その臨在を乞いねがってください。キリストの臨在は、私どもの生活と人生に写し絵のごとく、移り香の如く影響を与えて、私どもの人格に聖と力と喜びを生じせしめます。(1972.4.5)
 (「こうすれば信仰がわかる」に収録)
 
※先週まで【過去の週報より②】と題していましたが今週より体裁を変えて、一つ一つのタイトルを独立させました。書かれた日付はタイトルの最後に記載。 
 
[PR]
by hioka-wahaha | 2011-01-25 15:51 | 日岡だより
<< No.473 祈りの秘訣 20... No.471 「聖化」と「強化... >>