No.420 ハイチのために祈りましょう 2010.1.24

ハイチのために祈りましょう

 今、大変なのはハイチです。大地震に襲われて既に12日目、復旧は殆ど不能、暴民化して略奪に明け暮れている民衆たちの前に、商店主たちは武装自衛せざるを得ないと言います。ところが、治安活動の主体となるべき警察は全く為すすべもなく呆然と市中を見守っているだけだそうです。
 ハイチは嘗て昭和30年のころ、信仰の先輩S兄が日本政府の移民政策の波に乗って張りきって太平洋を渡って出かけて行ったドミニカと境を接する隣の国です。私はすごく親近感を覚えるのです。
 この二つの国で一つの島を形成しています。大きさは九州と四国を合わせたくらいの大きさです。
           *
 情報によると、電気、水、食料、医療物資が不足だと報道されていますが、これは今に始まったことではないと、現地に詳しい日本からの宣教師による記事も見ました。もともと、それらの社会必要物資が不足している国なのです。今はなんとしても早急に、十分な救援物資を送りこむ必要があります。
 世界第二のお金持ち国の日本は今こそこの必要に答えるべきでしょうが、それはともかく、私たち日本のキリスト教会がまず一番に立ち上がりたいですね。
 勿論、既にご承知の日本国際飢餓対策機構が実務にはいっています。必要なことは私たち一人一人のクリスチャンがこの機構の働きに応じ、祈りと拠金(献金)に努力しましょう。《く》


(以下は1969年10月発行「我ら兄弟」創刊号より)
われを仰ぎのぞめ、さらば救われん2 
                                  (1969年8月24日礼拝説教)

 本文に入ります。
 「そしてすぐ、イエスがまだ話しておられるうちに、十二弟子のひとりのユダが進みよってきた。また祭司長、律法学者、長老たちから送られた群衆も、剣と棒とを持って彼についてきた。」(マルコ14:43)
 このように主はおのれの生命を捨ててまで弟子らを愛しているにもかかわらず、主がもっとも愛したユダ(イエスの弟子たちは漁師がほとんどです。当時、漁師はもっとも学問の低い人々です。ですから、経理に明るいユダに全財産をゆだねて、ユダよ、ユダよ、と可愛がったのです)、弟子たちの中で一番頭の良いすぐれた前途ある人物だったのでしょうが、そのユダという男は、主の愛を十分に受けとめ応えることができない。三百デナリをもするナルドの油をムダなことに使うよりか五千人のパンを買って社会事業のようなことをしたらどうかとか、またこんな小さな集会をするよりか大きな大伝道かラジオ伝道でもしたらどうかとか、そんなことばかり考えている人です。そのユダがイエスを裏切るのです。
 「イエスを裏切る者は、あらかじめ彼らに合図をしておいた、『わたしの接吻する者が、その人だ。その人をつかまえて、まちがいなく引っぱって行け』。」
 さて、神様の地上に於いてのなされ方ほど突発的な偶発的なハプニングなことはありません。つねに私どもは神様から事前に導かれて、何か計画的に取り扱われているように思いますが、その時、その場において、もっとも最善なことをはたし、その事によって過去の意義をもすっかり転換させてしまう能力者が神様です。
 神様はコンピュータのように十億年の前からこれこれしかじかと予定を立てているわけではないのです。パウロは「神はあらかじめ定めたる者を義とし、義としたる者に栄光を与えたまう」と言う、そこでいわゆるカルビニストたちは、神様が一から十までコンピュータのように予定を計画してすべての歴史、人間の救亡を遂行なされたと信じた。神を全能者だと機械的に信じ、固定化したロジックで信条を押しすすめれば、神様というものも、案外そんなものかもしれない。しかし、それは人間の頭で作りあげた神です。そういう神観念は、人間のサル知恵であります。
 神様の知恵はいつも流動的で、十億人いれば十億人、三十億人いれば三十億人、そのほとんどの人が神様のいうことを聞かない人ばかり。もし三十億人の中の二十五億人の人でも神様の言うことを聞くのであればですよ、神様も予定を立ててあれをこうしようと、これをああしようと計画もし、実行も出来るでしょうが、三十六億人の人が今地球上にいるのですが、ほとんどの人が神様の言葉をきかずに、行けと言えば帰るし、右に行けと言えば左に行くといったようなわがままな人間ばかりを使って神様に何の計画が立てられましょうか。
 神様は創世記の始めに目に見えない天国を受肉(インカネート)したすばらしい天国をこの地上に創ろうとなさったのです。それが神様の計画はその第一ページからくずれ去ったのです。神様はそういう意味では歴史の失敗者です。なぜ失敗したか。人類が神のいうことを聞かなかったからです。そうしてそれから起こることはすべて神様の御旨に反して、人間の罪と、人間の反逆と、人間のおろかさから起こるところのハプニングばかりであります。
 しかし、神の知恵はほむべきかな、この人間のいまわしいハプニングを通して、神は彼の計画を刻々につくりかえ、これを遂行し、そして過去に起こった人間の罪悪の事件の意味のすりかえをやって、地上の歴史の前途を修正しながら人間を何とか一人でも救おう、一人でも多く完全に救おう、この許し難いユダをも救おう、と努力し血の涙を流したもうのが、神の愛だと私は信じる。
 神様はこのような混乱した地上の全体の進行を把握しながら、神様の計画を遂行したまうのです。ところがサタンは違う。サタンは非常に計画的です。この知恵が人間の智慧を絶します。
 例えば、今私のしている会社ですね、これでは今後の事業としては小さいではないか、もっと、四、五軒集まって大きな会社を作らんか、そのためには政府が一億円貸してやる、という話があります。大変良い話です。その案を作る役人も非常に善意でするんです。みな一生懸命にしてくれるのですが、その結末はどうなるかと言えば、東九州○○会社というようなヘリコプターを使って仕事をするような大きな印刷会社に生まれ変わるかもしれない。そうなってしまうと、大分のあの会社はなかなか良い会社ではないか、一つあの会社を乗っ取ろうではないかと言って東京の大○○印刷が触手を伸ばす。そうして大○○印刷東九州支社ができますと今度は、アメリカの○○プリンティングコーポレーションという会社が目をつけて、日本のあの会社は非常に良いそうだと言って、アメリカから乗っ取りにやってくるようになるかもしれない。(つづく)
[PR]
by hioka-wahaha | 2010-01-26 12:47 | 日岡だより
<< No.421 死人がよみがえる... No.419 われを仰ぎのぞめ... >>