No.411 イエス様の十字架は真実であった! 2009.11.22

イエス様の十字架は真実であった!

 トリノの聖骸布というものがあります。イタリアのトリノにあるカトリックの教会に保管されているある人の遺骸を包んであった亜麻布のことです。
 そのある人というのがイエス様ではないか、というのが長い間の論争の元になっていましたが、昨日の新聞の報道では、まさに事実ではなかろうかという記事でありました。
 というのも、長い間その亜麻布に記されていた文字が非常に薄くてはっきりしなかったのが、今回コンピューターの画像処理でくっきり浮かび上がってきて、本当に十字架刑で死なれたイエス様に巻かれていた亜麻布であることが分かったそうです。
 イエス様の当時、使われていたアラム語やギリシャ語、ラテン語などで、執行された十字架による処刑のことや、イエス様のお名前「ナザレのイエス」等、きちんと書かれてあったそうです。
 この聖骸布には包まれていた人物の血液や汗などの分泌物が、あたかも写真の現像液のような効果を現して、その人物の背格好や、傷や、写してくれて居るのです。その写真を複写印刷したものを私も拝見したことがあるのですが、実にイエス様らしい面影が推察できました。これはもう、本物だ、と言っては、勿体無い、失礼千万という感じですが、そのような思いをした記憶があります。
 今回の報道で益々その真実性が伺えてなりません。なんという身震いするほど、感動的な発見でしょうか。イエス様の御肉体に本当に直接触れることが出来るような感じです。イエス様の実在を疑う学者連に対して厳然たる証拠が出てきたわけです。《く》

 
(以下は1971年3月発行の「我ら兄弟」No.2より転載)
 
無公害世界
 
 牛や羊は、神様が人間のために造ってくれたものである。だから、これを食うのは人間の当然の権利である。というような西洋かぶれしたキリスト教的自然観に、私は幼い時より反発した。日曜学校で宣教師が創世記の天地創造のお話をしてくれても、そこの処が不可解である。宣教師がいくら躍起になって、人間がすべての被造物を支配しなくちゃなりません、そう聖書に書いてありますと力説しても、私はいよいよそれが変に思われ、かえって牛や羊のみかは、米でも野菜でも木でも、それを人間が勝手に引っこ抜いてきて、自分のために都合のいいように使っているだけではないかと、心の内に思いはつのる一方であった。
 太陽を兄弟と呼び、月を姉妹と呼んだ聖フランシスの気持は、日本人には親しみやすい情操だと思う。聖フランシスのような人は西洋には少なかったのではなかろうか。私の心に日本古来のアニミズムの残留がまだ生きているのだと言われればそれまでだが、私は天地自然のすべてに生命が通っているかの如くに同胞感を感じるそういう感じ方を尊いと思う。
 昔、山奥の寺で一人の僧が、コンコンとわき出る水をひしゃくにくんで、ひとくち喉をうるおすと、あとに残った水に「ありがとうございます」と礼拝して、それをそばの草木にかけてやった、などという話がある。こういう世界の消息がわからないままでいると、その内今の物質的合理主義文明は発狂してしまうだろうという事に気づいてほしい。
 たとえば、にわとりだが、今のにわとりは体ひとつがやっと入るだけのバータリーの中に入れられて、濃厚飼料を無理矢理につめこまれ、大量生産の製卵機械に身売りされている。このようにして卵や鶏肉を人間に給餌する今の文明は必ず復讐されるだろうと思う。化学的人工飼料や鶏舎から解放されて健康な長生きをする鶏だからこそ、健康的鶏卵が人間にプレゼントされるのだということを私は夢想する。なぜならにわとりと私たち人間とは本来兄弟なのだからである。
 たとえば、つぎに米だが、今の米はふんだんに化学肥料と農薬を浴びさせられ高能率に栽培されている稲の私生児ともいえる。こういう米を作れば作る程、農民の心は荒れすさび、これを食べる消費者の体はむしばまれていく。
 いつの日か、稲は健康な土壌にたくましく育ち、自然肥料と人間のいつくしみの中に成長して、少々の干ばつや害(?)虫に負けない強い植物となり、そして人間に健全な食糧をおかえしするという日が必ず来るであろう。なぜなら、稲と人間は本来兄弟なのであるから。
 そのような調和と秩序が自然と人間(いや、人間をふくめての自然というべきか)の中にもたらされる時、我々はそれを真の文化と呼びたい。それはあるがままの自然ではなく、人間が参画し、人間が手助けする進化的自然である。無公害の世界とは、アダムとエバの時代のエデンの園にかえることではなく、あらゆる被造物があらためて有目的再創造、互助相関的進化活動をいとなむ果敢なる場所である。
 そこに於いてこそ、人間の英知はくまなく発揮され、まさしく創世記にいうが如く自然界における人間の支配があらわにされるであろう。人間の文化はいまだに、その文化発生以来の収奪性文化の本質をかえずにいる。今こそ、われわれはわれわれの文化を育成的、再生産的、本当の意味での開発的文化を変質せしめなくてはならぬのだ。(1971年頃の文章です)
[PR]
by hioka-wahaha | 2009-11-24 11:31 | 日岡だより
<< No.412 癒しの信仰につい... No.410 先立ち行きし江良... >>