No.407 「我ら兄弟」No.2より「いわゆる『聖書信仰』を抜け出せ」他 2009.10.25


(1971年3月発行の「我ら兄弟」No.2より転載)

いわゆる「聖書信仰」を抜け出せ(つづき)

 聖書を民衆に解放しようにも、一般大衆は文盲であり、聖書は写本で非常に高価であったのであります。
 聖フランシスの弟子の一人が、詩篇か何かを所持することを願ったとき、聖フランシスがそれを感動的な言葉で拒否したことを記憶しています。
 多分その弟子は詩篇を持っていることを見せびらかしたかったのでしょう。金持ちの見栄張りなのです。そこをフランシスは見抜いていたのです。写本の聖書は何冊にも分冊されています。それを何冊も積み上げます。書斎に入ると、その聖書は宝物のようではなかったでしょうか。
 形式的クリスチャンにとっては、聖書こそ偶像になりやすいのです。内村先生の聖書中心主義も、そういう意味では危険なんですね。(つけ加えますが、無教会主義の人々には内村先生が偶像になりやすい。原始福音の人には手島先生が偶像になりやすい。その点、クギミヤ先生は大丈夫ですね。僕のアラを幾つでも探し出してください。)
 私が回心したとき、私の手もとには聖書はなく、私に教会はありませんでした。私をかかえこんでくれたのは、主の不可視的教会であり、私をささえてくれたのは、記憶している聖書の概要と聖書のなかの僅か二、三のうろ覚えの聖句でありました。
 聖書、聖書と聖書の言葉にしがみついて得々としている人々の信仰に、「ひからび信仰」の多いのは悲しいことであります。

 
求道者の願い

 三浦綾子さんが、今年から【注・この文章は1971年のものです】主婦の友にキリスト教入門記を書き始めた。彼女のりりしい信仰態度が、ここまで伝道の座を獲得せしめた。見習うべきことである。
 ただし、三浦さんの作品について少し文句を言いたいことがある。「氷点」でもそうだし、「裁きの家」が特にそういう印象を与えたが、人の性格が生まれつききまっていて、どうしようもないという考え方である。「氷点」で言えば、陽子は生まれつきやさしい娘のようだし、夏枝は生まれつき思いやりのない女のようである。
 なるほど、世間を見渡せば、そういう見方の方が正しいのかもしれない。人の性格は抜き去りがたいものかもしれない。しかし、そこを何とかして変質せしめられたい。化体したい。それが求道者の切なる願いである。

 
本当のことば(詩)

   天国にいきますと
   人が口で語るような
   ことばというものが無くなって
   みんな思いだけで話すんです。
   
   みんなの名前もありませんので
   おたがいに
   心だけで相手をさとるのです。
   
   天国にいきますと
   神さまのお姿も見えませんし
   お名前もありません。
   おどろいたことに
   イエスさまにもお名前がなく
   ただ心でお呼びするだけです。
   
   みんな衣を脱ぎ
   肉体も捨てて
   口もありませんし
   脳髄もありませんから
   ことばなんか使わないんです。
   
   私は悲しくなって
   思わず「イエスさま」と呼ぼうとしたら
   肉体もなく口もありませんから
   紙の無い障子を空気がぬけるように
   私の心は、肉体の無い私を通りぬけて
   目に見えぬイエスさまの方に吹き抜けて
   いったのです。
   
   そこで太陽が炸裂するような輝きがあって
   白光の存在が
   「私はイエスだ」と言ったように思えるの
   ですが、
   これはまだ地上に残っている私の言葉の意
   識でしょうか。
   天国にはことばは無いのです。
   本当のことばしかないのです。


今日より始めよ

 されど、今日よりの私は、生きかえりたる者のごとく生きよう。
 私がいかなる者であれ、私をこえて、より私自身でありたもうキリストの実在に生きよう。
「私の内に活きてくださいますキリストさま!
私以上に、より私そのものでいたもうキリストさま!
私の内にあって、私ならぬ私自身、私をして、真の私ならしめ、歴史以前の私をあらわにし、永遠の相の下の私を幽現せしめ、私を私にして活かしたもう、キリストの実存よ…」
 昨日まで(ああ、悲しき日曜日の昨日よ)、失敗しつづけてきた、この私に心をかける必要は全くないのだ。欠け多いこの私に気をくばることは何もない。私は我が内にある、新しい(日毎に新しい)キリストの生命に、眼を見ひらいて、驚きと讃歌と服従をもってつらなる。だから、今日以後、私は古い私、これまでの私の抜けガラに目をとめることはないのだ。私は信仰をもって、私の内にあるキリストの生命を拝す。
 古い抜けガラが、どれ程ボロボロであろうと、腐りきっていようと私はかまわない。毎日、ボロをはがされ、恥をかき、みにくい姿をさらそうとも、そういう外見には一切おかまいなく、私は内にあるキリストの生命に信仰の目を向ける。私の視線は私の外には向かない。私の内に向くのだ。外なるものはくずれども内なるものは日に新たなりと、パウロは言う。その日に新たなる内なる生命を信じるのだ。これこそ、一切を革新し、一切を支え、一切に力を与えるキリストの生命である。
 この全天全地に満ち満つる不可見の七つの教会の中を歩みたまい、その七つの星を手に握りたもうお方よ!
 あなたは全天全地に満ち満つる神的秩序の保持者であり、主宰者であり、神的活動の総指揮官でありたもう。
 あなたを信ずるという者は、一切の進行をあなたに委ねて、敢えて退転せざる気概を要す。
 昨日までこの世と妥協してきたから、今日もひとつ、これくらいの妥協をゆるしてもらおう、明日からは必ず神にしたがいます、などと言って今日一日をのばしがちである。昨日までの私に義理だてすることはない。今日という日が大事なのだ。今日より始めよ!

※釘宮義人個人誌「我ら兄弟」は1971年3月に第2号、12月に第3号が発行されています。第1号は所在不明。お持ちの方がいらっしゃいましたらおしらせください。
[PR]
by hioka-wahaha | 2009-10-27 10:25 | 日岡だより
<< No.408 「我ら兄弟」No... No.406 「我ら兄弟」No... >>